種類が増えたランドセル!

友達の子や、甥っ子が来年入学するのでランドセルの話が出ました。

私たちが子供の頃はB5サイズの書類が多かったですが、今はA4版、そしてそれをクリアファイルに入れてもすっぽり入るサイズが人気なのだと聞きました。

また、最近では購入時期も早まり、6月~8月頃には探しているという友達が多いです。

(購入してから商品が出来上がるまで数ヶ月かかるということもあるからの様です)

昔では考えられない位、多数のカラーが出ています。で始めの頃は、「ランドセルはやっぱり赤と黒でしょ!」と思っていましたが、2年後に娘の入学を控えた我が家では、紫も可愛いかも・・なんて話が出ています。

でも、意外と・・私のまわりでは黒・赤(に近いピンク)を選ぶ子供さんが多いようです。

ランドセルは丈夫で長持ちするものが一番

息子が小学生なのでランドセルを使用しています。男の子でも青や茶色など現在はいろいろな色が販売されています。中でも少し驚いたのが、白いランドセルでした。男の子で白いランドセルを背負っているのはあまり見かけませんので。汚れたら目立ちそうだし、息子は無難に黒いランドセルです。

教科書がたくさん入っていると相当な重さです。それでも最近は軽いものがウリなランドセルが多いので助かります。息子はランドセルの一番上に無理矢理、水筒も入れるので、ギュウギュウになって、たまにランドセルが変形しています。男の子は扱いも雑なので、軽くて丈夫で汚れにくいものが一番です。

ランドセルの切ない思い出

私がランドセルを手にしたのは、小学校入学前、遠方に住む父方の祖父母からのプレゼントでした。

「ランドセル届いたよ」と、親から言われ、ワクワクしながら包装を解いたら、出てきたのは潰れた段ボール箱でした。

その時点で、テンション下がっていたのですが、箱を開けたら、何年前のものかと思うような古ぼけたランドセルでした。3歳上の姉のランドセルのほうが、新品(?)の私のものよりきれいに見えるのです。

祖父母が贈ってくれたものだから、嫌な顔してはいけないと、泣きたくなる気持ちを堪えたことと、お礼の電話をするように親にいわれて、もやもやしたままで「ありがとう」と言ったことを覚えています。

初めてランドセルを背負って登校したその日に、先生からお下がりかと聞かれ、返事をできずうつむいたこともありました。

結局、そのランドセルは2年生の途中で壊れてしまい、近所の小学校を卒業した方から新しいものを譲っていただきましたが、そのほうがよっぽどきれいだったのが強く印象に残っています。

後年、親にあまりにも釈然としなかったため、聞いてみたところ、親も眉をひそめるようなものだったとのこと。同い年のイトコのところには、きれいなものが届いていたということでした。

私は祖父母を好きで、かわいがってもらっていたつもりでいたのですが、祖父母が私のことをどう思っていたのかは、今となってはわかりません。

ランドセルのリメイク、憧れます☆

最近は使わなくなったランドセルをアルバム・財布やカードケース等にリメイクでき、リメイク店も忙しい日々を送っているとテレビで特集していました。私自身、姉妹が居てお下がりのランドセルを背負っていましたが、高学年になるに連れて自分好みの鞄に変えるようになり、鞄は押入れの奥の方に長い間眠っていました。ランドセルは革なので、使いこむほどツヤや味が出てくるし、傷も思い出がたくさん詰まっているので、それをまた違った形で手元に残しておけるのは、素敵なことだと思います。