1. >
  2. 子どもにも大人にも優しいランドセル。

子どもにも大人にも優しいランドセル。

最近ランドセルを購入する機会がありました。

私が小学生の頃は、男子は黒、女子は赤のランドセルという暗黙の了解のようなものがありました。

今の時代、男女関係なく好きな色を選べるうえ、カラフルなものが多いです。

また以前のものに比べて軽かったり、A4サイズに対応していたりと使いやすくなっているように感じました。

特に魅力的だなと思ったのは、6年保証が付いていた点です。

そうそう簡単に壊れるものではないと思いますが、ランドセルは小学校の6年間使うものですし、子どもが使うものなので乱暴に扱うこともあるかもしれません。

親としては安い買い物ではないので、保証があるだけで安心感があります。

しかも、修理に出している間は代わりのランドセルをレンタルしてもらえるのも助かります。

最近のランドセルは、実際使う子どもと購入する側のどちらにも優しい工夫がされているように思いました。

便利、かわいい、だけじゃない! 命も助けるランドセル!

ランドセルは小学生には重かった道具も楽々と運べたし、デザインが羽のマークだったりディズニーの柄だったりとカラーも工夫されていてお気に入りだったのを覚えています。しかし、唯一わたしがランドセルで失敗したのは大きなスケッチブックやポスターなどの高さのあるものを運ぶときに中に入れてしまうと蓋がその分上に引っ張られてしまってランドセルの閉める金具の部分に届かないまま背負っていて中身をばらまいてしまったことです。頑丈な形なので重いものもはこべるのですが、逆に高さのあるものなどを入れるときは無理に入れることができなかったので苦労しました。しかし、一度友達がランドセルを背負っていたことで電車とホームの間に落ちたときランドセルがはさまってくれて大怪我をすることなく命拾いをしたことがあってから便利な上に命も守ってくれた有能さに感謝しています。

弟のランドセル

私には3人の弟と、加えて年下の従兄弟が居る。つい最近まで従兄弟とは同居していた。

年齢順に並べると丁度2~3歳ずつくらい離れているので、私が初めてランドセルを買った日から一番下の弟が小学校を卒業するまでの長い間、私の家にはランドセルが1つ、2つくらいはあり続けることになる。現在、一番下の弟は小学4年生。あと2年で家からランドセルは無くなる。

時折、片付けの時にふと弟のランドセルを持ち上げると、小学生の教科書でも結構重いんだなとか、そうそうランドセルの匂いってこんなんだった、と、いろいろと感慨深いところがある。

近頃のランドセル

最近のランドセルは私が子供のころと比べてデザイン豊富、なおかつカラフルでうらやましいです。

個人的にはランドセルは男女同じ色に統一(茶色系とかおしゃれで良いと思う)すればよいと思いますが、そこはカラフルなランドセルが溢れている現在は無理だろうなとも思ってます。

あと今のはA4フラットファイルに対応しているのはすごく羨ましいです。

(私はA4ファイルの端が折れるのが嫌な子供だったのです。)

私の子供時代にもおしゃれランドセルがあれば私はきっと飛びついていた思います。